• 中国文化视窗日本网络电视台
    中国文化視窓日本ネットテレビ

    覆蓋39個國家和地區的中國文化傳播使者The messenger of Chinese culture covers over 39 countries and regions

  • 中國文化視窗堅持“內容為王、形式創新”的理念,努力為人民提供昂揚向上、怡養情懷的精神食糧,講好中國故事,傳播好中國聲音,更好地塑造國家形象。

    CVNTV insisted on “content is king”,provide an enterprising spirit pabulum for people,telling the legend of China,spreading Chinese voices,shaping the national image.

三地“一盘棋”激活大运河文化密码

最近、京津冀など8つの省市からのほぼ100の非物質文化遺産プロジェクトが、天津市の楊柳青古鎮で展示されました。観光客は華麗な衣装を着て大運河の非遺文化保護の成果を楽しんでいます。今年初め、京津冀の3つの地域は正式に大運河文化の保護、伝承、利用を協力して推進する決定を実施し、協力協議メカニズムを確立し、大運河文化帯の共同建設と共有を推進しています。最近、私たちの記者は大運河の京津冀区間を歩き、三地域の大運河文化の専門家や学者と連絡を取り、京津冀がどのように大運河文化の謎を解くために協力しているかについて提言しました。「龍頭」と「鳳尾」、運河文化の復興を迎えました。

「北京市副中心を大運河文化保護建設のデモンストレーションエリアにする。」と中央文史館の特別研究員で、中国文化財保護基金の首席専門家である羅楊氏は述べています。大運河文化の保護、伝承、利用は、体系的なプロジェクトです。北京市副中心は北運河の起点であり、文化資源が非常に豊富です。北京市副中心は、大運河の歴史的文化の内涵を深く掘り下げ、大運河の文化遺産を丁寧に整理し、創造的な変換と革新的な発展を通じて、大運河の文化遺産を活性化し、歴史と現代をつなぐ「古今連通」を実現し、文化と経済を統合し、大運河の文化ブランドを輝かせ、大運河の物語を語り、大運河の風采を演出し、大運河の繁栄を再現するべきだと述べています。


「云光水色潞河秋,满径槐花感旧游。无恙蒲帆新雨后,一枝塔影认通州。」北京史地民俗学会理事であり、北京大運河文化研究会の会員である任徳永氏は、清朝の王維珍が運河を北上して北京に学問しに来た際に残したこの有名な詩について述べています。「今日まで、我々はこの詩から千年の運河の文化魅力を感じ続けています。」と彼は言います。

大運河は流れる水路だけでなく、流れる文脈でもあります。この文脈に沿って、京津冀地域のかなりの割合の人々が運河の両岸に住み、水に囲まれて生活しています。北京市副中心は、運河の歴史、社会の変遷、都市の進化、伝承の民俗、宗教の浮沈、戯曲の伝承、文学の連鎖など、多様な文化形態を集約しており、文化遺産と非物質文化遺産が多様で広範で、巨大な体積を持っています。

「昨年6月、京津冀地域の大運河京冀区間は国際観光航行を実現し、京杭大運河の『龍頭』と『鳳尾』として、北京市副中心は千年の水路に運河文化の復興をもたらしました。」と任徳永氏は述べています。彼は、北京市副中心の牽引力により、京杭大運河の京津冀区間での船旅が現実のものになることは遠くないと信じており、三地域が共同で大運河文化帯を建設し、次回は大運河に沿って船で天津で会うことができるかもしれないと述べています。

  天津大运河文化遗产活力焕发

天津は「大運河がもたらした都市」であり、運河の名所である楊柳青、河西务、天穆鎮などの町の発展は運河と密接に関連しています。重要な運河遺産には、水利遺跡である九宣閘と工業文化遺産である三條石博物館、伝統的な建築物である石家大院と天后宮、十四倉遺跡、国家非物質文化遺産である楊柳青年画や皇会などがあります。

「近年、天津市では大運河文化の保護と伝承を活発に進めています。三地域の運河文化帯共同建設と共有のメカニズムが確立されたことで、天津市は大運河文化の保護と伝承に力を入れており、文化遺産の活力を蘇らせる大運河のデモンストレーション帯を作り上げることに力を注いでいます。」と天津社会科学院歴史研究所の研究員である任雲蘭氏は述べています。

 
まず、天津市政府は大運河に関連する計画を精心に組織しました。2+4+1の計画体系を構築しました。2020年5月1日には、「天津市大運河文化保護伝承利用実施計画」を発行し、大運河文化の保護と伝承を行うための行動ガイドラインを提供し、大運河文化の保護と伝承を天津市の「十四五」計画の中に位置づけました。2021年以降、天津市は「天津市大運河国家文化公園建設保護計画」および4つの専門計画を策定しました:「天津市大運河文化遺産保護伝承専門計画」、「天津市大運河生態環境保護修復専門計画」、「天津市大運河河川水系管理専門計画」、「天津市文化観光統合発展専門計画」を策定し、さらに「天津市北運河適切な河川区間観光航行実施計画」も策定し、計画の指導役割が際立っています。

次に、地方政府が資金を提供し、大運河沿いの重要な歴史文化遺産を保護し、修復し、適度に利用しています。近年、天津市は北洋大学堂旧址、文庙、天津広東会館、独流木橋などの重要な文化遺産を修復しました。また、天津市では天穆村清真北寺、西站主楼、玉皇阁、天后宮の宮門などの文化遺産建築物の修復プロジェクトを進行中であり、武清の十四仓遺跡の考古学的調査と総合研究を推進しています。さらに、天津市の大運河文化博物館も建設中で、進行中のプロジェクトとして取り組まれています。
大運河文化帯の共同構築において、生態と景観の機能を兼顧する必要があります

「大運河文化帯の共同構築では、産業構造の調整、転換とアップグレード、都市と農村の空間全体の調整から考えても、京津冀地域の大運河文化帯では、流域の国土空間と土地利用の形態が変わることは避けられません。したがって、京津冀地域の大運河文化帯を共同で構築する際には、大運河の生態と景観の機能を同時に考慮する必要があります。」と、河北水利電力学院の王鳳春教授は述べました。
大運河河北沧州区を例に取ります。沧州市は冀中平原に位置し、平坦な地勢で、明確な温暖帯大陸季節風気候が特徴です。大運河沧州区は京杭大運河の1/8を占め、大運河文化帯の計画に基づいて、3つのエリアに分かれています。まず、主要な河川の2キロ以内が核心監視エリアであり、国土空間計画に組み込まれ、否定的なリストに基づいてアクセスが管理されています。また、吴橋、南皮、東光、泊頭、青県、沧県、運河新華区などの8つの県(市、区)が核心エリアであり、大運河文化帯の構築における重要な地域で、豊かな歴史文化と都市の特徴を担っており、沧州大運河の代表的な景観を提供しています。最後に、沧州区の他の地域は拡張エリアであり、大運河文化帯の重要な地域です。2014年と2020年の衛星画像データによれば、大運河沧州区の核心監視区、核心エリア、および拡張エリアは、農地が優勢で、建設用地と水域が次に位置する土地利用パターンを持っており、生態環境が適切に保護され、修復されていることが示されています。

2019年以来、京津冀地域の協力に支えられ、沧州市は大運河文化の保護と利用に取り組んでおり、大運河文化の内容を積極的に掘り起こしました。大運河文化帯の共同構築の過程で、大運河の生態と景観の機能を重視し、運河両岸の生態環境の改善と植生のカバー率を向上させてきました。沧州市の大運河市内区間では、去年の9月1日に13.7キロメートルにわたる水域が観光船の運航が再開され、46年ぶりに再び航行が可能となり、"一船明月过沧州"(一艘の船が明るい月の下で沧州を通過する)の美しい景色が復活しました。今年の「五一」連休中、沧州市内の大運河区間は多くの観光客で賑わい、週末に船のチケットを予約する際には頻繁に完売となるほどの需要がありました。
最后修改于 2023-09-12 15:17:00

全部评论 1条

还没有评论!