• 中国文化视窗日本网络电视台
    中国文化視窓日本ネットテレビ

    覆蓋39個國家和地區的中國文化傳播使者The messenger of Chinese culture covers over 39 countries and regions

  • 中國文化視窗堅持“內容為王、形式創新”的理念,努力為人民提供昂揚向上、怡養情懷的精神食糧,講好中國故事,傳播好中國聲音,更好地塑造國家形象。

    CVNTV insisted on “content is king”,provide an enterprising spirit pabulum for people,telling the legend of China,spreading Chinese voices,shaping the national image.

北京の歴史的でモダンな隠れ家 - 楊梅竹斜街
 
南锣鼓巷の騒音にうんざりして、本格的な北京の胡同文化を感じたいなら、楊梅竹斜街を散策してみてください.ここには食べ物、飲み物、アートがあり、本物の北京のおじいさんおばあさんが挨拶してくれます.おしゃれでアットホーム、友達や姉妹を誘ってすぐに予定を立てましょう〜
楊梅竹斜街は容易に見つかり、地理的には前門大柵欄の西側に位置し、東は煤市街から始まり、西は延寿街まで続く、全長500メートル未満の通りです.この通りは、東北から西南に向かって斜めに走っているため、通称「斜街」と呼ばれています.伝えられるところによれば、清朝時代にはここに杨媒婆という媒酌の名手が住んでいたため、この名前がついたと言われています.しかし、今日の住人はあなたに恋人を紹介しようとはしませんので、ご心配なく.
 
 
最近、ますます多くの古い北京の胡同が商業化され、訪れるとどこも混雑し、売られているものも非常に高価です.しかし、楊梅竹斜街は、元の住民を保持しながら、少しずつ文化的なショップが導入されている、数少ない場所の1つです.この名前だけで、非常にアートな雰囲気が漂っており、以前はいくつかの有名な大学教授が住んでおり、多くの書店も営業していました.そのため、文化的な雰囲気は非常に濃厚です.
斜街に入り、少し歩くと、古風で情緒豊かな宿があります.胡同の生活を体験したい場合、ここで一泊してみるのも良いでしょう.朝起きて外に出ると、おじいさんやおばあさんがあたたかく挨拶してくれ、油条(揚げパン)と豆漿(豆乳)を食べるのが本当に北京らしい朝食です.実際、この通りには多くの宿泊施設があり、青雲閣も有名な宿の1つです.外観は典型的な「轎子型」の建物で、200年以上の歴史を持っています.以前は文化的な人々や要人が集まる総合娯楽施設で、文学や芸術を語り合う場所でしたが、今では宿泊施設として改装され、その雰囲気を維持しています.皆さんの好みに合わせて選ぶことができます.
 
 
前に進むと、いくつかの特色ある小さな店があります.
 
老北京兔爷(家の子供にも一つくれませんか)
 
 
シンプルな皮革工房(おじいさんが経営する手作りの皮製品店、とても小さな店ですが、全て彼の手作りですよ)
 
YUAN甜品店(美しさと品位が共存する、SNSでの写真投稿に必須の場所)
数歩進んでいくと、非常に有名な鈴木食堂が見えてきます.鈴木食堂は、日本風の清新な雰囲気のレストランで、外観と内容が見事に調和しています.看板メニューは日本風の小鍋料理と様々なソースかけごはんで、価格は手頃で見た目も美しいため、ここでは待つことがよくあります.食事に来る予定の方は、早めに来ることをお勧めします.こちらは午前11時半と夜の5時半に営業しており、遅れると待つことになりますよ.
 
 

更に進むと、民国時代のスタイルを持つ2階建ての古い建物が見えてきます.それが「模范书局」です.中にはスペースは小さいですが、床から天井まで本で一杯に詰まっています.古い建物の構造は完全に保たれており、精巧な工芸品が配置されています.まるで「ハリー・ポッター」のダイアゴン横丁の店のようで、本を手に取るとどれも非常に面白いです.「老北京儿化音词典」、「造物手册」、「动物骨头图鉴」、「浮世绘聚花」など、興味深い本がたくさんあります.市場ではなかなか手に入らない貴重な古書や手装丁の本もあります.本以外にも、文化に関連する商品を販売しており、鉛活字、魯班鎖、文房四宝などがあり、文化愛好家にとっては掘り出し物の場所です.

前段時間、非常に人気のある「Meeting Someone」という"インフルエンサーの集まるレストラン"は、写真を撮るための聖地として絶対に見逃せません.行ったら、まずはスターライト・コリドーで写真を撮ることが当然です!ここで写真を撮ったことがある女性たちは心がとろけるはずです.オタクの皆さんも行動開始です!このレストランは3階建てで、1階はバー、2階は正食堂、3階はテラスです。彼らの看板メニューには、小酥魚、話梅年糕排骨、アスパラガスエビケーキ、ラバーケーキなどがあります."インフルエンサーの集まるレストラン"として、ここは基本的に予約が必要で、無駄足を避けるためにも事前に予約することをお勧めします.

ubi galleryは、オランダのデザイナーアートショップで、この通りで最初のクリエイティブな場所と言われており、北京の798アート区のような雰囲気を醸し出しています.

楊梅竹斜街のほぼ終点に、有名な「一尺大街」があります.かつて、ここには6軒の店があり、北側の3軒は刻字屋で、南側の3軒は酒場、鍛冶屋、理髪店でした.「一尺大街」という名前は「大通り」のようですが、実際には依然として小道であり、北京で最も短い小道の一つです.しかし、実際の長さは一尺だけではなく、30メートル以上あります.これは北京の胡同の象徴であり、古い北京の思い出の一部です.
 
この通りには多くの茶館、薬局、カフェ、西洋料理店があり、ここでは古い北京のアイテムと西洋のトレンドデザインが共存しています.この場所のすべての要素を一言で表現することはできません。まるで情熱と夢を持つすべての人がここで小さな店を開けるかのようです.店内ではオーナーがのんびりと座っており、店の外では80歳の老人がのろのろと歩いています.誰かがここを夕暮れ時に最も美しいと言いますが、私は言いたいです、夕暮れを待たずとも、ここで独特の美しさを感じることができます.
最后修改于 2023-09-06 16:10:00

全部评论 2条

小蜜蜂
2023-09-08 13:32
已看过 好评加1