• 中国文化视窗日本网络电视台
    中国文化視窓日本ネットテレビ

    覆蓋39個國家和地區的中國文化傳播使者The messenger of Chinese culture covers over 39 countries and regions

  • 中國文化視窗堅持“內容為王、形式創新”的理念,努力為人民提供昂揚向上、怡養情懷的精神食糧,講好中國故事,傳播好中國聲音,更好地塑造國家形象。

    CVNTV insisted on “content is king”,provide an enterprising spirit pabulum for people,telling the legend of China,spreading Chinese voices,shaping the national image.

北京の胡同には本当に多くの才能ある人々が住んでいますね。清朝が滅びた後、宮廷の職人たちは一般の人々の間に流れました。彼らがもたらした技術は、宮廷の繊細さを保ちつつ、一般の生活と調和し、代々伝えられ、今日まで残っています。これらの工芸品は美しく、優雅で、北京ならではの独自の風味を持っています。
狭い胡同にある北京の刺繍
京绣はまた「宮繡(きゅうしゅう)」とも呼ばれ、北京特有の刺繍技術で、その歴史は唐代にまで遡ることができます。元代からは宮廷で使用され、清代には京劇とともに一般の人々に広まり、徐々に独自の技術体系を築いてきました。
京绣は宮廷に仕えるため、上質な絹、自然な蚕糸、贅沢な金糸を選ぶ必要があり、また、「図は意味を持ち、模様は縁起が良い」原則に従う必要があります。これは宮廷の美的基準と規範に基づいており、構図は豊かで詰まり過ぎず、模様は堂々としていて、造形は生き生きと均等で、色使いは優雅で美しいものです。2014年、京繡は国家級の非物質文化遺産代表プロジェクトに選ばれました。

北京市東城区の幸福大街にある「咏园」は、かつての廃工場が改造され、非物質文化遺産の展示ガーデンとなっています。ここには北京の伝統的な京繡が含まれており、制作者は劉晓燕で、吴氏京繡の第5代継承者です。ここでは、彼女の誇るべき作品が展示されており、精緻で華麗な京繡技術、宮廷文化、そして現代の美的センスが融合されています。また、「咏园」には京繡以外にも、琺瑯の掐絲技術、扣環、剪紙など、多くの非物質文化遺産も展示されています。

护国寺街にある「饽饽」屋

「饽饽」の言葉は元代に始まります。元の世祖が北京を都に定めた後、市場にはモンゴル族の饽饽を主とする民族食品が登場しました。明の永楽皇帝が北京に都を遷都した後、南方の菓子も持ち込まれました。清が関内に入ると、満洲の饽饽も持ち込まれ、それ以来、北京はモンゴル、満州、漢の民族を融合させた特色ある「饽饽」を形成しました。清末から民初にかけて、饽饽は次第に漢族と満族の組み合わせとして発展しました。

护国寺民俗街には、宮廷の特製菓子を製造する「富華斋饽饽铺」があります。創設者は清末の宮廷料理人の子孫であると言われ、祖先から受け継いだ技術で、かつて清朝の貴族が楽しんだ菓子や果物を再現しています。酒酵味のチーズフルーツアイス、甘酸っぱい北京風のドライフルーツ、柔らかい紫薯ロールなどがあります。

北京の饽饽(バオバオ)店は、多くの種類の焼き菓子を提供しており、季節によるバリエーションが豊富です。例えば、正月には什錦湯圓(餡を包んだお団子)があり、4月には鮮やかな花のバラ饅頭、5月には五毒饼(五毒の毒薬を象徴するお菓子)が楽しめます。盛夏には緑豆ケーキ、中秋には自来紅(自然に染まった赤いお菓子)や自来白(自然に染まった白いお菓子)、重陽には重陽花ケーキが提供され、10月には玉面蜂ケーキ、芙蓉ケーキ、サーキマなどが楽しめます。腊月には蜜供などが提供されます。

饽饽铺の焼き菓子は、高品質な材料を使用しており、特に老舗店舗である稻香村、桂顺斋、大顺斋、桂香村、桂香春、百年义利などは、訪れる価値があります。

東四十字路口の満族弓矢店

東四十字路口の南西隅に位置し、かつては弓矢の大庭園でした。ここにある「聚元号」は、北京で最後に残る满族弓矢の店で、かつて清朝の皇室に弓矢を提供していた「兵工廠」で、伝統的な满族の弓矢を作っています。第7代の継承者である楊老爺さんは、純粋な满洲族の青旗の人であり、その家系は長らく弓矢の大庭園に住んできました。

弓の製作には、杨老さんによると、約20種類以上の純粋な天然原材料が必要であり、製作プロセス全体は弓の体、下部の把手、牛の角の取り付け、牛の筋の設置、引弦台の取り付けといった5つの主要なステップに分かれています。これらのステップには、慎重に扱う必要がある多くの細部が含まれており、実際には200以上の工程が必要です。最後に、異なるスタイルのデザインを描き、見栄えの良く、実用的な满族の弓が完成します。

聚元号の弓矢を購入したい場合、2年間の待ち時間が必要です。なぜなら、弓矢の原材料は異なる環境で変化するためで、最も暑い夏や最も寒い冬には制作されないからです。以前、弓矢を制作する師匠たちは、完成品を1年間保存し、どんな天候環境でも問題がないことを確認してから外部に販売していました。

もちろん、優れた弓には良い矢が必要です。以前の皇帝は狩猟を行い、山鶏やウサギなど異なる獲物を狙っており、獲物に応じて矢の要件も異なりました。矢尾(または矢羽)もあり、通常風を受けて飛行軌道を修正するために使用され、昔は鳥の羽を使用していましたが、現代では許可されていません。ただし、できる限り猛禽の羽を使用するよう努力しています。

聚元号の弓矢制作技術は、中国の複合弓の伝統を受け継いでいます。2006年に、「聚元号弓矢制作技術」は国内初の非物質文化遺産保護名簿に正式に掲載されました。

 

東館房胡同的「北京ゾンレン」

「長城を訪れ、北京ダックを楽しんで、京劇を観賞し、小道具を持ち帰ります。」とは、「小道具」のことであり、「北京ゾンレン」(北京の小道具)とも呼ばれ、また「銅板小道具」とも呼ばれ、北京地域で100年以上の歴史を持つ伝統的な民間娯楽の形式です。冰心は「北京に到着しました」という作品で、「これらの衣装の中の小さな人形は、大きな銅の板の上に置かれています。誰かが銅の板を打つと、すべての人形が回転し、剣や槍を振り回して、魅力的な光景を作り出します。」と述べています。

北京ゾンレンは、色紙、わら、接着剤などさまざまな材料から作られており、サイズは異なり、5〜6センチメートルの小さなものから20センチメートルの大きなものまであります。ゾンレンのベースは鬃毛から作られており、鬃毛ブラシから材料を取得し、物理学の共鳴原理に依存しています。したがって、誰かが銅板を叩くと、上にあるゾンレンが踊り出し、刀や槍を振り回しますが、容易に倒れることはありません。

白大成は北京ゾンレンの第3代継承者です。白氏によれば、ゾンレンの製作には42の工程が必要で、胶泥(接着剤で使用)を使用して頭部とベースを製作し、躯体の骨格には秸秆(わらの茎)を使用し、内部には綿花を充填し、外側には彩色の衣服を着せ、手と武器を取り付けます。さらに、これらの見かけの工程だけでなく、戯曲や文学の知識も含まれています。

 

光明路の「百工坊」にある「料器」

「料器」は明清時代には主に宮廷に贈られる装飾品として使われ、清代になると官僚の冠に付ける「朝珠」として主に使用されました。朝珠の品質に応じて異なる色が使われました。

辛亥革命の後、中国の帝制は終わり、料器は宮廷から徐々に一般の人々の手に渡りました。解放後、北京では「料器工場」が設立され、料器は装飾工芸品の分野に戻り、当時の国内外への輸出製品の主要な役割を果たし、月間の海外販売額は何百万元にも達しました。

 


現在のバイゴンファン工房は、かつての北京料器工場の作業場の場所にあります。シン・ランシャン大師は、かつての北京料器工場の技術部門で最も若い従業員であり、北京料器の第6代の伝承者であり、国家級の非物質文化遺産の代表的な継承者です。劉宇は幼少期から母親であるシン・ランシャンと一緒に料器工場にいつもいて、徐々にこの伝統的な技術を好きになり、制作を試み始め、2003年に北京料器の第7代の継承者となりました。

彼は、「当時、北京料器工場への商品購入のための車は列をなして並んでいました。多くの富を国に提供したため、党中央や国務院は非常に重要視しており、周恩来総理は料器工場を何度も視察し、精美な製品を製造し、世界に中国の料器工芸を紹介するように要求しました。」と回想しています。

 


花市大街の絹花

の花は、さまざまな色の絹地などを使用して模造された花です。古代には「頭飾りの花」と呼ばれ、唐代にさかのぼり、1000年以上の歴史があります。伝説によれば、その起源は楊貴妃に関連しています。かつて楊貴妃の左のこめかみに傷跡があり、それを隠すために、毎日宮女に新鮮な花を摘んでこめかみに付けさせていました。しかし、生花は数時間でしおれてしまい、冬には手に入れるのが難しかった。ある聡明な宮女が絹と縮緬で模造の花を作り、貴妃に献上しました。それは傷跡を隠すだけでなく、美しさをさらに引き立てました。その後、妃と宮女たちも模倣し始めました。

明末清初には、花のほかにも、花束、鉢植え、花輪などさまざまな品種が登場しました。康熙32年(1693年)、清朝の宮廷工房には「花儿作」という作業場があり、絹、マン、絹、紙などを供花、宴会の花、花瓶などに使用していました。清代中期になると、絹花業界は繁栄の時を迎えました。『北京工商概况』には、「各市街には約1,000以上の花屋と住居があり、花が供えられている」と記されています。

「花市」の繁盛に伴い、古い北京では多くの花作りの名人が現れました。北京にはかつて「花儿金」「花儿高」「花儿龚」「花儿刘」などの有名な絹花の名家が存在し、その中でも最も影響力のあるのは「花儿金」です。

 

“花儿金”は、金桂、金文广、金宝顺、金玉林の四代の総称です。

現在、金铁铃(ジン・ティエリン)は「花儿金」の第5代伝承者で、純粋な手工芸術を守りながら、各花と葉を制作しています。興味がある方は、ぜひ見学に行ってみてください。

大金丝胡同(ダージンスー・フートン)の毛猴(マオホウ)

毛猴は、古代北京の伝統的な手工芸術品です。その製作にはセミの抜け殻とキンモクセイの薬材が使用されます。

清の同治年間、南城には庆仁堂(チンレンタン)という薬局があり、その中の若者が薬局の会計係から叱責を受けていました。彼は不満に思っていましたが、突然アイデアが浮かび、セミの抜け殻などの薬材を使って尖った口とほっぺたを持つ「会計係」を作りました。兄弟たちはそれを見て、非常に似ていると言いました。若者は気が楽になりました。その後、薬局の店主は「ビジネス」を見つけ、セミの抜け殻、キンモクセイ、白芨、木通などの薬材を単独で販売し、「猴料(ホウリャオ)」と呼びました。親たちは子供に「猴料」を買って、お祝い事のたびに伝統的な遊びとして定着しました。

 


現在、北京の毛猴の伝承者は主に老舗の芸術家である曹仪简です。彼が制作する毛猴は独自のスタイルを持ち、テーマは非常に幅広いです。市井の生活を反映するだけでなく、歴史の逸話や劇のストーリーなども制作されています。特に歴史の逸話の中で描かれる劇の場面は非常にリアルです。

北京の什刹海大金絲胡同には、郭氏毛猴家庭アートギャラリーという店があります。この店は喧噪から離れた静かな場所にありますが、多くの客が訪れています。郭氏毛猴家庭アートギャラリーのオーナーは、郭福田と崔玉兰夫妻であり、彼らは郭氏毛猴の第5代伝承者でもあります。

User
琉璃厂の哈記風箏店
User

哈氏風箏は北京の風箏の重要な流派の一つで、清朝末期に起源し、現在まで160年以上の歴史を持ち、4代にわたる伝承を経ています。

哈氏家族は、河北省河間県果子洼村の出身で、祖先が武状元に合格して北京に入りました。後に家計が困難になり、北京の琉璃厂で2軒の店を開いて凧を専門に販売しました。『琉璃厂小志』によれば、「哈記风筝は琉璃厂の中央路北仁威观にあり、近年、哈記の凧は最も有名です。」第1代の創始者哈国梁から第4代の伝承者哈亦琦まで、北京の哈氏风筝の制作技術は家族内で伝承され続けています。

 

北京の哈氏風箏は「扎(組み立て)」、「糊(接着)」、「绘(描画)」、「放(飛ばす)」という4つの技術に重点を置いており、風に対する適応度と構造に基づいて、硬翼、軟翼、硬いバット、軟いバット、串、傘翼、立体など7つの主要なカテゴリに分けることができます。北京の哈氏風箏の制作技術は、風箏の骨組み構造と絵画技術において、技術とアートが完璧に組み合わさり、独自のスタイルを形成しています。材料は慎重に選ばれ、形状比率は適切で、接合部は厳格で、見栄えがよく、構図は豊かで、多くても整然としており、簡潔でありながら豊かです。製作された風箏は鮮やかな色彩で、安定感があり、色彩の対比が強く、風を受けても飛びやすく、高くて安定しています。さらに、哈氏風箏は美しい芸術品であり、一定のコレクション価値を持ち、民間の手工芸と民間美術の研究に重要な参考資料を提供することができます。

翠花胡同の中の点翠

翡翠(ひすい)とは、中国の伝統的な金銀の宝飾品制作技術です。漢代から存在し、唐、宋、明、清の時代に非常に盛んで、北京の翠花胡同や翠花街など、点翠の工房が広まりました。

点翠は、まず金またはメッキされた金属を異なるパターンのベースにし、次に美しい青い羽毛を持つ翡翠の鳥を慎重に埋め込んで、さまざまな宝飾品を制作します。点翠技術で作られた宝飾品は光沢があり、鮮やかな色彩を持っており、使用中に保護に注意すれば、光沢と色彩を長い間維持できます。古代において、このような点翠の宝飾品は非常に高貴な人々だけが使用できました。


肖玉妹は北京市級の非物質文化遺産である「肖氏点翠」の第3代継承者です。彼女によれば、完全な点翠作品は主に「熟翠、定翠、选翠、铡翠、裱翠、点翠、阴干」という7つのステップに分かれています。熟練した老舗の職人でさえ、手のひらサイズの点翠作品を完成させるには、1日かかります。

現在最大の課題は、点翠の技術をどのように継承するかです。肖玉妹は、「現在、2つの翠鳥は国家の保護動物になっており、もはや羽毛を取ることはできません。代わりに染色されたガチョウの羽毛を使用しています。しかし、多くの人々がこれに疑問を呈しており、これでは点翠ではなくなると考えています。しかし、点翠は伝統的な工芸であり、重要なのはこの技術を継承することです」と述べています。

北京には、宮廷から出てきた伝統的な職人がたくさんいます。これらの職人は、中華民族の文化伝承を代表するだけでなく、民間の感情や人々の知恵も伝えています。国慶節が近づいていますので、北京の伝統的な職人たちを訪ねてみる時間があれば、豊かな体験と美的な楽しみが待っています。

 

最后修改于 2023-09-07 17:17:00

全部评论 0条

还没有评论!